速報
» 2006年01月19日 08時02分 UPDATE

Google、中国でBaiduの強力な対抗勢力に

中国では現在Baiduが首位に立っているが、コンシューマーを対象にした調査ではGoogle検索の評価が高かった。

[ITmedia]

 ネットパフォーマンス調査会社のKeynote Systemsは1月18日、中国の検索エンジン市場に関する調査を発表した。現在ではBaiduが首位に立っているが、いずれGoogleが強力な対抗勢力になりそうだと結論付けている。

 Keynoteでは中国のコンシューマー1200人の検索利用状況を調べ、有料サイトのAlibaba/Yahoo!、Baidu、Google、Sohu/Sogouについて分析した。

 中国では現在、市場シェア、ブランド力ともBaiduが筆頭に立っており、China Internet Network Information Center(CNNIC)の統計によれば、ネットユーザーの48%に支持されているという。

 しかしGoogle検索を使ってもらうと圧倒的に好評で、全般的な使い勝手では中国の競合サービスに比べてGoogleの方が好かれる傾向にあったという。コンシューマーが「質の高い」検索サイトと評価したのはGoogleが68%でトップ。BaiduとAlibaba/Yahoo!はそれぞれ61%だった。

 Googleが中国市場に力を入れ、強力なリソースを投入していることを考慮すると、いずれGoogleの市場シェア拡大は必至だとKeynoteは予想している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -