ニュース
» 2006年04月17日 21時04分 UPDATE

平成電電、破産申請へ 支援中止で再生断念

民事再生手続き中の平成電電が再生を断念し、破産を申請する見通し。スポンサーが支援を中止し、資金繰りがつかなくなったためと説明している。

[岡田有花,ITmedia]

 民事再生手続き中の平成電電は4月17日、再生を断念すると発表した。スポンサーのドリームテクノロジーズが支援を中止し、資金繰りがつかなくなったため。今後は破産を申請し、会社清算に向かう見通しだ。平成電電の佐藤賢治社長は「関係者や債権者にご迷惑をおかけして申し訳ない」と陳謝した。

画像 「弁解の余地はない」と謝罪する佐藤賢治社長

 同社は、直収型固定電話サービス「CHOKKA」の不振などから昨年10月に民事再生法の適用を申請。ドリームテクノロジーズをスポンサーとして再生を進めてきた。

 しかし、ドリームテクノロジーズが4月17日、「再生の見込みが立たない」などとして支援中止を発表。資金繰りがつかなくなり、「他のスポンサーを探すのも難しい状況」(代理人の松村正哲弁護士)で再生を断念した。

 近く、東京地方裁判所から民事再生手続き廃止決定を受け、保全管理人の管理下で破産・清算手続きに入る見通しだ。

 現在約14万4000ユーザーが利用する「CHOKKA」など同社サービスは「他事業者への移行を含め、最大限継続できるようにしたい」(松村弁護士)としているが、先行きは不透明だ。

 ドリームテクノロジーズは、支援中止を決めた理由として、平成電電からの情報開示が不十分だったことを挙げている。これに対して佐藤社長は「われわれの認識とは異なる。情報は十分開示してきたし、1週間に3回はミーティングをして情報交換してきた」と反論。16日になって急に支援を打ち切られた理由は「私どもにも分からない」とした。

 同社にCHOKKA設備のリースを行っていた特別目的会社(SPC)には、これまでに約1万9000人が計約490億円出資してきた。佐藤社長は「出資者への配当ができない可能性が高まった。自己破産し、個人資産も弁済にあてたい」などと話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -