ニュース
» 2006年06月05日 19時05分 UPDATE

「市民記者」というSOHO 協議会設立へ

日本SOHO協会は、インターネットを活用して自ら情報を発信する「市民記者」の育成と社会的地位向上を目指す協議会を6月に設立する。

[ITmedia]

 財団法人の日本SOHO協会は、インターネットを活用して自ら情報を発信する「市民記者」の育成と社会的地位向上を目指す協議会を6月に設立する。

 安価な情報発信環境が整い、ブログなどを舞台に活躍するジャーナリストが今後増えると予想されている。協議会では、メディアという新しいSOHO就労スタイルの開発・支援を進めていく。

 名称は「JFCJ(Japan Forum of Citizen Journalist)協議会」。発起人として著名なジャーナリストが協力し、市民記者の参加を募る。市民記者には「ジャーナリストID」を発行し、読者による記事への評価が蓄積されていく仕組みを導入するなど、市民記者の地位やモラルを高める活動も展開していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -