ニュース
» 2006年07月06日 19時11分 UPDATE

ターボリナックスが大幅下方修正 ライブドア事件響く

[ITmedia]

 ターボリナックスは7月6日、2006年6月中間期の業績予想(単体)を下方修正し、売上高が前回予想時の8億1900万円から4億9400万円減(60.3%減)となる3億2400万円になる見通しだと発表した。

 ライブドアの証券取引法違反事件に絡み、「営業活動が極めて困難な状況」になったのが響いたという。新規案件の取引先から開始時期を延期したいなどと要請され、売上高が当初予想から大幅に減少した。

 経常利益、純利益も減少が見込まれるが、現在は決算集計中で、判明次第公表するとしている。

 ゼンド・ジャパンの子会社化で同中間期から連結決算となる。同中間期の連結売上高は3億8400万円になる見通し。通期見通しは8月15日の中間決算発表時に公表するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -