ニュース
» 2006年07月11日 08時06分 UPDATE

Microsoft、共有PC用の個人情報保護ツール公開

「Private Folder 1.0」は自分の個人的なファイルを保護できるツール。利用するためにはまず、「スパイウェア的」との批判もある海賊版対策プログラムを導入しなければならない。

[ITmedia]

 米Microsoftは共有のPCで自分の個人情報を保護できるツール「Private Folder 1.0」のダウンロード提供を開始した。利用するにはまず、Microsoftの海賊版対策プログラムでWindowsが正規版かどうかのチェックを受ける必要がある。

 Private Folder 1.0では、家族、同僚などと共有しているPCやアカウントに「My Private Folder」を作成して個人的なファイルを保存し、パスワードで保護をかけることができる。

 利用は無料だが、ダウンロードに当たってはまずMicrosoftの「Windows Genuine Advantage」プログラムを導入し、自分のWindowsが正規版であることの確認を受ける必要がある。

 OSはSP2導入済みのMicrosoft Windows XP Home Edition、Professional Edition、Media Center Editionに対応している。SVGA(800×600)以上のビデオアダプタとディスプレイが必要。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -