ニュース
» 2006年07月28日 08時11分 UPDATE

フィッシングの75%はPayPalとeBayが標的

PayPalとeBayは銀行などに比べて世界的な人気があるため標的になりやすいとSophosは解説している。

[ITmedia]

 個人情報窃盗を狙ったフィッシング詐欺メールの75%以上はPayPalとeBayのユーザーが標的になっているという調査結果を、セキュリティ企業のSophosが7月27日、発表した。

 Sophosのスパムトラップの世界ネットワークで2006年に受信した全フィッシングメールを調べた結果、PayPalユーザーからの情報窃盗を狙ったものが54.3%、eBayユーザーの情報窃盗を狙ったものが20.9%を占めていた。

 PayPalとeBayが狙われるのは、両サービスが銀行などに比べて世界的に人気があるためだとSophosは解説。両社ではユーザーの啓発に努めているが、ユーザーにとってはまず自分の個人情報保護に関する知識を身に着け、クリックする前に考えることが最善の策だとアドバイスしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -