ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2006年08月02日 07時02分 UPDATE

Wi-Fiユーザーの半数以上がセキュリティを設定――米調査

一方で12%が「近所のネットワークを使ったことがある」と回答している。

[ITmedia]

 米調査会社のJupiterResearchが8月1日に発表した報告によると、家庭でWi-Fiネットワークを使用している人のうち、60%がセキュリティを設定していることが分かった。最大の理由はプライバシー。

 「ネットワークセキュリティの設定は、手軽にできるようになってきている」とJupiterResearchのアナリスト。しかし、セキュリティの設定されていない「オープンな」他人のネットワークを使うことへの是非については、まだユーザー間で意見がまとまっていないのが現状。調査では、29%が「旅行中、他人のネットワークを使ったことがある」と回答。12%が「自宅近所のネットワークを使ったことがある」という。

 報告では、「家庭でのデジタル機器ネットワークへの関心も高まっている現在、Wi-Fiベンダーはユーザーに対し、セキュリティに関しての啓発を続けていく必要がある」としている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.