ニュース
» 2006年08月12日 07時08分 UPDATE

Juniper、ストックオプション付与問題で財務情報修正へ

至近の4〜6月期決算報告も遅延、これにより、NASDAQ上場廃止通知を受け取ることになるという。

[ITmedia]

 米Juniper Networksは8月10日、ストックオプション関連の内部調査の結果、ストックオプション付与日の経理上の記録が、実際と異なっていた可能性があると発表した。調査は継続中だが、過去の財務報告についてもさかのぼって修正が必要と判断した。

 過去のストックオプション関連経費が見直されることになるが、具体的な金額や対象期間などについては確定していない。米証券取引委員会(SEC)に対しては、2003年1月以降に出された同社の財務報告やプレスリリースは未確定、とする書類を提出したという。

 また、至近の2006年4〜6月期の決算報告について、SEC提出期限を遵守できなかったと報告。この遅延は米NASDAQの基準に反するものであるため、同社はNASDAQから上場廃止通知を受け取ることになるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -