ニュース
» 2006年09月20日 06時39分 UPDATE

IEに新しい「緊急」レベルの脆弱性

仏セキュリティ機関FrSIRTが、IEの脆弱性を新たに発見、警告を発している。

[ITmedia]

 仏セキュリティ機関FrSIRTは9月19日、MicrosoftのInternet Explorer(IE)で新たな脆弱性が発見されたと警告した。危険度は4段階中で最も高い「緊急(Critical)」。

 この脆弱性は、長すぎる「塗りつぶし」が行われた直角形を含むVML文書を処理する際に、ベクター画像のレンダリングライブラリ(Vgx.dll)でバッファオーバーフローのエラーが起こることが原因。ユーザーに不正なWebサイトを訪問させ、サービス拒否攻撃や任意のコマンド実行に悪用される恐れがある。

 この脆弱性の影響を受けるのは、Windows 2000 SP4上で動作するIE 5.01 SP4、Windows 2000 SP4およびWindows XP SP1で動作するIE 6 SP1、Windows XP SP2およびWindows Server 2003で動作するIE 6、Windows 98およびWindows Meで動作するIE 6 SP1。

 この脆弱性を修正する公式パッチはリリースされていない。

 FrSIRTはこの問題の解決策として、アクティブスクリプトを無効にすることを挙げている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -