ニュース
» 2006年09月20日 21時02分 UPDATE

「Lenovoブランド浸透でThinkPadも底上げを」――レノボ新社長

レノボ・ジャパン新社長が会見した。「Lenovo 3000」シリーズの広告宣伝を強化してブランド認知度を高め、これまでThinkPadに手が届かなかった層にもアプローチする戦略を語る。

[岡田有花,ITmedia]
画像 「レノボには優秀な人材と製品がある」と天野社長

 レノボ・ジャパン社長に就任した天野総太郎氏は9月20日に会見し、「この1年で、IBM時代からの信頼性を維持してきた。これからが勝負の時」と意気込みを語った。企業向けの低価格な「Lenovo 3000」シリーズの広告宣伝を強化してブランド認知度を高め、これまでThinkPadに手が届かなかった層にもアプローチ。シェアアップを図っていく。

 天野社長はデル出身。米Dellのコーポレート・ディレクターや、デル日本法人の宮崎カスタマーセンターのマネージング・ディレクターなどを務めた。Lenovoグループは、Dell出身者を相次いで幹部として招いている。

 今後はLenovo 3000の広告を、新聞、Web媒体などで積極的に展開し、露出を増やして認知度を高めていく。特に中堅・中小企業、SOHOは成長市場とにらんでアピールしていく計画だ。「戦略的な価格付け」で価格競争力も前面に押し出す。

 Lenovoで同社製品に触れたユーザーに、2台目としてThinkPadを使ってもらう作戦も。ThinkPadシリーズは高品質・高価格を維持していく。「マーケット全体の価格低落傾向と比べても、ThinkPadの単価下落率は低い」といい、価格下落に対抗できる商品としてブランド力を保つ。

 同社のPC出荷台数シェアは、アジア地区では1位だが、国内では5〜6位にとどまる。天野社長は「長期的には1位になりたい。まずは2ケタ成長を目指す」とした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -