ニュース
» 2006年09月22日 07時11分 UPDATE

AlcatelとNokia、ビジネス電話環境の拡張で合意

内線番号や電話会議など、社内電話と同様の機能を携帯端末に持たせることが可能となる。

[ITmedia]

 仏AlcatelとフィンランドNokiaは9月21日、企業のビジネス電話環境を拡張、モバイル環境も含める戦略で合意した。Nokiaの「Intellisync Call Connect for Alcatel」により、「Alcatel IP Communication」サーバにNokia「Eseries」携帯端末を統合、端末に社内電話と同じ機能を持たせることが可能になる。

 例えば、各従業員に内線番号を割り当て、いつ、どこで、どの端末で従業員が電話に応答したかを管理、追跡できる。また電話会議、コールバック、名前による宛先指定など、ビジネス電話の便利な機能をNokia端末でも利用可能となるため、従業員は外出先や遠隔地でも、社内と同じ環境で電話に応対することが可能だ。

 また、AlcatelのIPテレフォニー環境に含まれる「Least Cost Routing」機能により、顧客企業は国際携帯電話コストを大幅に引き下げることができる。

 Intellisync Call Connect for Alcatelは、2006年第4四半期中に発売の見込み。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -