ニュース
» 2006年10月04日 14時00分 UPDATE

Skype for Macに深刻な脆弱性、アップデートを呼びかけ

SkypeのMacintosh版に深刻な脆弱性が発見された。Skypeでは問題を修正したバージョン1.5.0.80へのアップグレードを呼びかけている。

[ITmedia]

 無料通話ソフトウェア「Skype」のMacintosh版に深刻な脆弱性が発見された。開発元のSkypeでは10月3日付けでアドバイザリを公開し、問題を修正した最新バージョン、1.5.0.80へのアップグレードを呼びかけている。

 脆弱性が存在するのは、Skype for Mac 1.5.x.79以前。URIハンドラの処理に問題があり、細工を施したリンクを読み込むとSkypeがクラッシュしたり、任意のコードを実行されてしまう可能性がある。

 Skypeではこの問題のリスクを「高」としており、ユーザーにアップデートを呼びかけている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -