ニュース
» 2006年10月04日 17時27分 UPDATE

「軽さ」が売りのCAセキュリティソフト最新版

軽快な動作と使いやすさが売りというCAの個人向けセキュリティソフト最新版が発売に。発表会には真鍋かをりさんが登場。

[ITmedia]

 日本CAは10月4日、個人向けセキュリティソフトの最新版「CA 2007」シリーズを発表した。同日にダウンロード版の販売を始め、6日にはパッケージ版を発売する。社名変更に合わせて製品ブランドを一新。機能を改善し、「軽さと使いやすさ」で浸透を図っていく。

photo

 同社は国内の個人向けセキュリティソフト市場に昨年春に参入。新製品は、従来ブランド「eTrust」シリーズを、社名と同じブランド「CA」に一新。「アンチウイルス」「アンチスパム」「パーソナルファイアウォール」と統合ソフト「インターネットセキュリティスイート」に加え、バックアップ&設定移行ソフト「デスクトップDNAマイグレーター」がラインアップに加わった。

photophoto

 各ソフトでユーザーインタフェースを統一したほか、全自動設定機能を強化して初心者でも使いやすくした。CAのセキュリティデータベースと連動して新種ウイルス・スパイウェア情報を表示する「アウトブレーク」機能、ユーザーのPCのセキュリティ問題を自動検出してタスクトレイ上のアイコンで知らせる「今すぐ解決」ボタンなどを追加した。

 同社製品の売りは「軽さ」。統合ソフトでもインストール容量は60Mバイトで済み、数百Mバイトが必要な他社製品と比べて軽快に動作するとしている。

 デスクトップDNAマイグレーターは、写真や音楽などのファイルバックアップ機能と、ネットワーク設定やプリンタ設定、Webブラウザのお気に入りなど160種類の設定をバックアップして他のPCに移行する機能を持つソフト。来年1月予定のWindows Vista発売によるPC買い替えの活発化を見込み、既存環境を新PCに簡単に移行させられるソフトとしてPRしていく。

 対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP(ファイアウォールは2000/XP、デスクトップDNAマイグレーターは95/NT 4.0以降)。

 ライセンス形態も変更し、従来は1/2/5/10ユーザーの4パックだったが、「1ユーザーパック」、「ファミリーパック」(3ユーザー)、「オフィスパック」(10ユーザー)の3パックとする。

 各ソフトの標準パック価格は以下の通り。

製品名 パッケージ版 ダウンロード版 ライセンス更新
アンチウイルス特別優待版 1980円 1980円 1980円
アンチスパイウェア 4980円 3480円 2980円
アンチスパム 3480円 2980円
パーソナルファイアウォール 3480円 2980円
インターネットセキュリティスイート 5600円 4280円 4280円
デスクトップDNAマイグレーター 4980円 3480円 2980円
インターネットセキュリティスイート プレミアム版 8800円 6480円

 都内で開かれた新製品発表会には真鍋かをりさんが登場。従来版のCA製品を初めてインストールしたら「スパイウェアが208個見つかった」と振り返り、「周りでもセキュリティ対策はしていないという人が多い。痛い目に遭うまで分からないのでは」「バックアップは全然してません。Wordで作ってためておいたりしてるので、なくなったらへこむかも」などと話した。

photophoto 真鍋さんと日本CAの根塚眞太郎社長(右)、長谷一生SMB&コンシューマー事業本部事業部長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -