ニュース
» 2006年10月04日 19時53分 UPDATE

通信機器用ACアダプタ約58万台に不具合 NTTやKDDIが交換へ

NTT東西の「ひかり電話」、KDDIの「メタルプラスネットDION ADSL」向け機器のACアダプタに不具合が見つかり、各社が無償交換に乗り出した。

[ITmedia]

 NTT東西地域会社とKDDIはこのほど、各社がIP電話やADSLサービスユーザー向けにレンタル提供している通信機器のACアダプタに、経年劣化で破損する不具合があったとして、無償交換に乗り出した。

 タムラ製作所製の特定のACアダプタを装備した機器が対象で、NTT東西は「ひかり電話」向け機器約21万4000台が、KDDIは「メタルプラスネットDION ADSL」向け機器約36万7000台が対象となっている。

 タムラ製作所の発表によると、ACアダプタに使用した部材に組み合わせ不良により、経年劣化でケースに亀裂が入る可能性があり、亀裂が原因でケースが外れて内部回路が露出した場合、触れると感電ややけどなどの恐れがあるとしている。

 NTT東西は、ひかり電話対応機器「RT-200NE」のうち、昨年12月から今年5月までに製造された、ロット番号下4けたは0536〜0610の製品が対象。

画像 NTTの対象機器の見分け方

 KDDIは、NECアクセステクニカ製のADSLモデム「Aterm DL180V-C」が対象。昨年2月から今年4月に製造されたもので、ロット番号下4ケタは0453〜0610。

 各社とも、対象のユーザーにはダイレクトメールなどで告知・謝罪し、交換用アダプタを送付する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -