ニュース
» 2006年10月11日 07時43分 UPDATE

Cingular、「スパム電話」の3社を提訴

Cingularが「加入者に許可なく宣伝電話をかけた」として、テレマーケター3社を提訴した。

[ITmedia]

 米Cingularは10月10日、同社のサービス加入者に許可なく違法の宣伝電話をかけたとして、テレマーケター3社をそれぞれアトランタ連邦地裁で提訴した。

 同社が提訴したのは、フロリダ州マイアミのSebell Telecommunications、ワシントン州シアトルのAmerican Broadcast Systems、フロリダ州マイアミのGo2Prepaidの3社。

 Cingularによれば、Sebellは自動ダイヤルシステムでランダムにかけた相手に、事前録音したメッセージを流していた。これはTelephone Consumer Protection Actにより違法とされる手法。Sebellはドミニカ共和国のFlorida Vacationと共謀、2006年6月から7月にかけて宣伝電話をかけていた。

 American Broadcast Systemsも自動ダイヤルシステムを使用、Cingular加入者に「無料で旅行できます」という録音メッセージを流していた。

 Go2Prepaidも同様の手口を利用。Cingularの調査によれば、同社はコロンビアのAlo Hispanosと協力していたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -