ニュース
» 2006年10月11日 12時56分 UPDATE

日立、クラリオンを買収へ 車載機器事業を強化

日立はクラリオンをTOBで子会社化すると発表した。車載情報システム事業の強化に向け、カーナビ開発販売などに実績があるクラリオンと連携を深める。

[ITmedia]

 日立製作所は10月11日、クラリオン株式を公開買い付け(TOB)で取得し、子会社化すると発表した。クラリオンのカーオーディオ・カーナビ企画開発力や販売力を活用し、車載情報システム事業を強化する。

日立製作所の株価チャート日立製作所の株価チャート(1年:縦軸の単位は円)クラリオンの株価チャートクラリオンの株価チャート(1年:縦軸の単位は円)

 TOBは10月25日に開始する予定。日立はクラリオン発行済み株式の14.4%を保有しており、TOBで50%まで追加取得して子会社化する。買い付け価格は1株あたり230円で、予定数を買い付けた場合の取得額は約232億円。応募数が予定数を上回った場合もすべて買い付けるため、その場合の取得額は総額557億円になる。TOBにクラリオン取締役会は賛同している。

 両社は車載情報システム事業で協力してきた経緯があり(関連記事参照)、昨年4月には日立がクラリオンの筆頭株主になっていた。

 日立は自動車システム事業をグループの中核事業と位置付けており、キーとなる車載情報システムを強化するため、クラリオンを子会社化して連携を深める必要があると判断した。

 公開買い付け成功後、日立100%子会社のザナヴィ・インフォマティクスをクラリオンの100%子会社とし、一体化して開発を進める。2005年度の両社売上高の単純合算は2285億円。2010年度には車載情報システム事業の連結売上高を2900億円に拡大する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -