ニュース
» 2006年10月17日 07時21分 UPDATE

クリスマスに欲しい家電、MP3プレーヤーが2年連続で1位――米報告

昨年に比べ、消費者心理は好転している、と米国家電協会。2006年のホリデーシーズンには、米国のプレゼント用出費の4分の1が家電製品に向けられる、と予測している。

[ITmedia]

 クリスマスに欲しい家電はMP3プレーヤー――米国家電協会(CEA)が10月16日、こんな調査報告を発表した。米国の消費者を対象とした調査をもとに行った、今年のクリスマスシーズンの販売予測によると、プレゼント用に購入される家電製品の売り上げは前年の170億ドルを上回る210億ドルに達し、「プレゼント出費」の4分の1を占めるという。

 CEAによると、米国の消費者心理は昨年よりも好転している。プレゼント、デコレーション、食事や交通費などを合わせた「ホリデー関連」費用は、昨年よりも14%増加し、1625ドルとなる見通し。プレゼント向けは27%増加しているという。プレゼント用のうち、家電に向けられる金額は、平均で195ドルと予想している。

 クリスマスに欲しい家電製品として、大人に最も人気があるのはMP3プレーヤーで、2年連続の首位。以下、DVDプレーヤー/レコーダー、デジタルカメラ、PC、テレビ、ビデオゲーム、携帯電話などが並ぶ。一方、プレゼントとして贈る予定のものとしては、デジタルカメラ、携帯電話、MP3プレーヤー、ビデオゲームなどが上位に並んだ。また、12〜17歳のティーンエージャーの間では、欲しい家電製品のトップ3はMP3プレーヤー、ビデオゲーム、PCとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -