ニュース
» 2006年10月31日 20時02分 UPDATE

“CCでメアド流出”防止 社外メール、自動で個別送信

複数のメールアドレスにメール配信する際、本来はBCCで入力すべき相手先のアドレスを誤ってTOやCCに入力してメールアドレスが流出するミスを防ぐ企業向けシステムを、NTTコミュニケーションズが発売する。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは、複数のアドレスにメールを配信する際、本来はBCCで入力すべき相手先のアドレスを誤ってTOやCCに入力し、アドレスが外部に流出するミスを防ぐ企業向けシステムを、11月1日に発売する。

 複数の宛先にメールを送信すると、SMTPサーバで社内宛て・社外宛てを認識し、社外宛てには個別にメール送信する。社外の受信者には、自分のアドレスと送信者のアドレスしか見えない仕組み。

 サーバ側で処理するため、ユーザーのメール送信作業は従来と変わらず、メールソフトにも依存しない。同機能は特許出願中だ。

 社内宛て・社外宛て問わず、添付ファイルを自動で暗号化する機能も備えた。暗号化方式には国産の「Camellia」を採用。復号パスワードは、添付ファイルとは別のメールで送信する。

 暗号化ファイルはexeファイルとなるため、受信側がWindows環境である必要があるが、暗号化ファイルの拡張子を変更することも可能だ。

 メール誤配信を防ぐため、複数人で事前確認したり、ファイルをパスワード設定している企業もあるが、新システムならアドレスの設定やファイル暗号化を自動で行えるため、手間を増やさず情報漏えいリスクを軽減できるとしている。

 参考価格は500ユーザーで850万円(税込み)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -