ニュース
» 2006年11月02日 11時31分 UPDATE

Parallels、「Windows一発インストール機能」をMac版仮想化ソフトで提供

長時間マシンに張り付いていることを強いる「Windowsインストール作業」を楽にしてくれる機能がParallels Desktopに追加された。

[ITmedia]

 米Parallelsは11月1日、Mac用仮想化ソフトウェアのParallels Desktop for Mac最新版(2.2 build 1970)に、Windows XPおよびVistaのインストールを簡単にするアシスタント機能を追加したと発表した。

 Windowsのインストールでは、インストールの途中でパーティション設定やプロダクトキー、個人情報などの設定を入れる場面が複数出てくるため、マシンに張り付いている必要がある。新しいアシスタント機能では、必要な情報をあらかじめ登録しておくことで、OSインストール終了まで触れる必要がない。

 これまで別途インストールする必要があったParallels用ドライバParallels ToolsもOSインストール時に設定される。

 また、新しい「Shared Networking」機能により、ADSLやCATVなど、1個のIPしか設定できないサービスでホストOSとゲストOSの両方でIPがマニュアル設定なしで取得できるようになった。

 既存ユーザーはネットワークオプションをShared Networkingに変更し、Parallels Toolsを再インストールする必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -