ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2006年11月07日 11時34分 UPDATE

フィッシングの標的、1位はPayPal

10月のフィッシングに関するランキングが発表された。国別に見た詐欺サイトのホスティング件数は、米国が依然として1位。ターゲットとなるサイトは、1位がPayPal、2位はeBayとなっている。

[ITmedia]

 米OpenDNSが運営するフィッシングURLの収集サイト「PhishTank」が11月3日、世界のフィッシングに関する10月の統計を発表した。

 国別に見た詐欺サイトのホスティング件数の比率は、1位は米国で24%、2位は韓国で14%、以下インド(8%)、中国(6%)と続いている。

yu_phish.gif

 フィッシングの標的となったサイトは、1位のPayPalと2位のeBayが、3位以下を大きく引き離している。3位以下には米国やドイツの金融機関が並んでいる。

フィッシングの標的企業トップ10(2006年10月)
順位 企業名 件数
1 PayPal 1493
2 eBay 1210
3 Barclays Bank 321
4 Fifth Third Bank 203
5 Volksbanken Raiffeisenbanken 191
6 Bank of America 188
7 Wells Fargo 133
8 Key Bank 111
9 JPMorgan Chase and Co. 104
10 Citibank 48
(資料:PhishTank)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.