ニュース
» 2006年11月07日 22時47分 UPDATE

20代は6年で半減 国内ネットユーザーの年齢構成に変化

[ITmedia]

 ネットレイティングスによると、日本のWeb利用者の年齢構成比がこの6年間で変化しているという。20代の比率がほぼ半減した一方、中高年層が増加。「ネットの利用が全世代で一般化したため」と分析している。

photo ニュースリリースより

 2001年までは20代の構成比が20%を超えていたが、現在では約12%に減少。これに対し40代は6年前の20%以下から現在は24%に上がり、50代は10%以下から約12%に上がるなど、中高年世代は増加傾向にある。50代以上のユーザーは、オンライントレーディングやNHK、新聞社といったサイトで比率が高いという。

 10代も20%以下から約21%に上昇。全体の男女比率も2000年の男性62.7:女性37.4が現在の55.5:44.5に縮まるなど、ネット利用層の偏りはなくなりつつある。

 同社の荻原雅之社長兼チーフアナリストは「若い世代で先行していたウェブ利用は、この6年間で着実に中高年齢層に普及している。20代の比率が減少しているのは、Webウェブ利用が全世代にわたり一般化したことによるものだが、携帯電話端末の機能やサービスが劇的に向上し、ECやSNSなどの携帯電話による利用が増えたことも要因と考えられる」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -