ニュース
» 2006年11月14日 09時10分 UPDATE

Sun、GPLライセンス採用を正式発表

Java SEとJava MEはGPLの下で公開され、Java EEはCDDLとのデュアルオープンソースライセンスになる。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは11月13日、Java技術をGNU General Public License(GPL)バージョン2の下でフリーソフトとして提供することを正式発表した。

 同日から、Java Platform Standard Edition(Java SE)とJava Platform Micro Edition(Java ME)のソースコードの一部を公開している。さらに、同社は1年あまり前からCommon Development and Distribution License(CDDL)ライセンスで提供されていたJava Platform Enterprise Edition(Java EE)に、GPLライセンスを加える。

 Java SEに関しては、Java HotSpot仮想マシン、Javaコンパイラ(javac)、JavaHelpソフトの3つのソフトウェアコンポーネントがオープンソースで公開された。2007年第1四半期にはJDKも公開される見込み。

 Java MEについては、Java ME実装のソースコードのほか、Java MEテスト・互換性キットフレームワークも提供開始された。年内にはJava Device Test Suite向けフレームワークを含めさらにソースコードが公開される予定。

 Java EEのソースコードはデュアルオープンソースライセンスの下でProject GlassFish向けに提供される。同プロジェクトはCDDLに加え、2007年第1半期にGPLバージョン2の下で利用できるようになる。

関連キーワード

Java | GPL | J2ME | オープンソース化


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -