ニュース
» 2006年11月16日 07時53分 UPDATE

MS、「Office Live」を米国でリリース、日本でもβ公開へ

Microsoftが、従業員10人前後の小規模企業を対象としたオンラインアプリケーションスイート「Microsoft Office Live」を、米国で提供開始した。日本語バージョンのβ版は11月21日にリリースの見込み。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月15日、小規模企業をターゲットとしたオンラインアプリケーションスイート「Microsoft Office Live」の米国でのβテストを終了し、正式版の提供を開始した。なお、日本、フランス、英国、ドイツでの無料β版リリースを11月21日に予定している。

 Microsoft Office Liveは、個人事業者や、従業員10人程度までの規模の企業を対象としている。小規模企業が、顧客との接点として、さらに事業運営にもオンラインを活用することをサポートするもので、3つのサービスオプションがある。無料の「Microsoft Office Live Basics」には、ドメイン名、容量500MバイトのWebサイト、2Gバイトの電子メールアカウント25個などのほか、Webサイトデザイン用のツールや、Windows Live Searchにキーワード広告を載せるためのツール「Office Live adManager」のβ版も含まれる。また、無料の会計ソフト「Office Accounting Express 2007」と組み合わせ、eBayやPayPalを使った取引や在庫の管理を簡単に行うこともできる。

office Office Live(Project Manager)

 有料サービスの「Microsoft Office Live Essentials(月額19.95ドル)」と「Microsoft Office Live Premium(39.95ドル)」では、利用できるWebサイトの容量や電子メールアカウントの数が増えるほか、顧客などのコンタクト情報管理ソフト「Office Live Business Contact Manager」やオンラインでのコラボレーションソフトの利用(Premiumのみ)が可能になる。また、プロジェクト管理や顧客管理に役立つオンラインアプリケーションも利用できるという。

 正式版の公開に伴い、米国では、米Best Buyが小規模企業を対象に、Office Liveの有料版の割引クーポンの配布やサポートを行うほか、東芝やソニーがノートPCにOffice Liveへのリンクを組み込むという。

 米国向けの正式版Office Liveは、こちらのWebサイトからアクセスできる。日本語のβ版は、日本語サイトで事前登録が可能。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -