ニュース
» 2006年11月16日 12時52分 UPDATE

ノートPCや携帯の充電をワイヤレスで――米大学が研究

米マサチューセッツ工科大学の助教授が、ワイヤレスで充電できる技術の研究を進めている。計算では、ノートPCなら電源から数メートル離れた場所から充電することが可能だという。

[ITmedia]

 ノートPCや携帯電話の充電が、コードを使わずにできる――米マサチューセッツ工科大学(MIT)で、こんな研究が行われている。将来的には、部屋に1つずつ「充電器」をおけば、家中の電化製品をワイヤレスで充電できるようになるかもしれない、という。

 研究を行っているのは、MITの助教授で、物理や電子技術が専門のマリン・ソウリャチーチ氏。ある日の夜中、携帯電話の電池切れの音で目が覚めたのがきっかけで研究を開始したという。

 電気や光などのエネルギーの移動には、物体同士が物理的に接している必要はないというのは以前から知られていたことだが、エネルギーはすべての方向に放射され、拡散してしまうため効率が悪い。たとえば変圧器の内部では、電磁誘導でエネルギーのやりとりをするコイル同士は、接してはいなくても非常に近接している。

 ソウリャチーチ氏は、こうした電磁誘導によるエネルギーの移動距離は、もっと長くすることが可能だと考えた。「非放射」電磁界という特殊な空間を作り出すことで、特定の製品だけが、電源からのエネルギーを取り込むことを可能にする。使われなかったエネルギーは、再び「電源」に吸収される仕組みだという。

 この仕組みに利用する物質や環境にはまだ限界があり、実用はまだ先だが、計算では「ノートPC程度の大きさのものなら、電源から数メートルの距離から充電できる」という。家電製品だけでなく、工業用ロボットの充電など、産業界での応用も可能と期待している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -