ニュース
» 2006年11月18日 07時49分 UPDATE

オンラインのアパレル販売が好調――米調査

米消費者によるオンラインでのアパレル商品購入額が順調に伸びている。購入者の増加が最大の要因のようだ。

[ITmedia]

 米調査会社comScore Networksが11月16日に発表した報告によると、米国におけるオンラインでのアパレル商品購入額は、2006年第3四半期に前年同期比32%増を記録。購入先としては、VictoriasSecret.comやOldNavy.comなどのアパレル専門サイトが主で、売り上げ全体の45.8%を占め、次がデパートの20.8%、Amazon.comなどオンライン専門サイトの15.9%と続いた。

 前年同期と比較すると、全売り上げに占める比率は専門サイトが3.2ポイント増、デパートが1.1ポイント増、一方でカタログ通販から参入してきた企業のサイトは2.2ポイント減で13.6%、ディスカウントショップのサイトも1ポイント減の2.4%となった。

 オンラインでのアパレル売り上げが伸びているのは、購入者層の拡大が最大の理由のようだ。アパレルサイト6分野(カタログ、デパート、ディスカウント、ブランドの直販、オンライン専門、アパレル専門)のうち、5分野で購入者数が2けた増を記録している。デパートサイトからの購入者数は2005年第3四半期から1年間で60%も増え、ブランド48%、アパレル専門も同じく48%、オンライン専門32%、カタログ19%と続く。唯一ディスカウント店だけが、74%減の大幅マイナスとなった。全体では35%増となる。

 また、アパレル商品の場合、顧客ロイヤリティが高いことも明らかになった。2006年第3四半期でもっともロイヤリティが高かったのは、アパレル専門の74.4%、次がオンライン専門の68.2%、通販の67.9%だった。ただし、2005年第3四半期と比較すると、全体的に約1%前後減と、緩やかにロイヤリティ度が下がっている。しかしディスカウントショップについては、前年同期比で15.8%もロイヤリティが下がった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -