ニュース
» 2006年11月29日 12時05分 UPDATE

音楽も人体通信で――ソニーが特許出願

ヘッドフォンのコードに取って代わるのはBluetoothでも赤外線でもなく、「人体」かもしれない。

[ITmedia]

 未来の携帯音楽プレーヤーは、コードでもBluetoothでもなく、人間の体を使ってヘッドフォンに音を伝えるかもしれない――ソニーがそのような技術の特許を出願していることが明らかになった。

 この特許は同社が2006年3月に米特許商標局(USPTO)に出願したもの。「人体通信システムおよび通信デバイス」というタイトルが付けられている。

 同社によると、このシステムは人体の電界を利用し、人間の体を導電線代わりにしてデータを送信する。具体的にはこの発明は、音楽など比較的大容量のデータを人体を介して送信するシステムに関連しているという。

ah_sonypatent.jpg

 このシステムでは、導電性のある布で包んだ電極を人体に取り付けて、微量の電気を流すことで音の信号を伝える。ATRAC3plusのデータを48Kbpsで転送でき、消費電力が少なく、近くの通信システムとの干渉もないと同社は述べている。

 ソニーは以前から人体通信技術を開発しており、昨年この技術を研究所展で披露した。

関連キーワード

特許 | ソニー | ATRAC3plus


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -