ニュース
» 2007年02月08日 07時43分 UPDATE

「体重は6割がウソ」――出会い系自己申告の正直度は?

オンラインでデート相手を探すとき、自分の容姿を「修正」して伝えるのはよくある話のようだ。

[ITmedia]

 顔が見えないオンラインの相手に対し、身長を高めに、体重を少なく、時には年齢をさば読みする――男女問わず、こうした行為が頻繁に行われていることが、米コーネル大学の調べで明らかになった。

 Webに掲載されたプロフィールと実物を照合する調査を行ったところ、男性は身長を高く、女性は体重を少なく申告する傾向が高いことが分かった。

 コーネル大学の調査員らは、ユーザーが自分でプロフィールを作成する人気のデートサイト、Match.com、Yahoo! Personals、American Singles、Webdateのニューヨーク市在住の利用者に対し、地元紙やCraigslist.comで調査参加者を募り、男女40人ずつ80人を集めた。

 その後、参加者のプロフィールを各デートサイトから収集し、免許証と比較した。身長の場合0.5インチ以上、体重の場合5ポンド以上、年齢の場合1歳以上を基準として照合。その結果、男性では約52.6%、女性は39%が身長を偽り、体重では男性の60.5%、女性の64.1%が嘘をついていた。年齢では男性の24.3%、女性の13.1%がさば読んでいたという。

example 正直者もいるかもしれないが……(Webdate)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -