ニュース
» 2007年02月26日 15時29分 UPDATE

YouTube利用中止も検討 ニコニコ動画、再開は1週間後めど

ニワンゴは、1週間後をめどに公開予定の「ニコニコ動画」新版では、YouTubeの利用中止も検討していることを明らかにした。

[ITmedia]

 ニワンゴは2月26日、1週間後をめどに公開予定の「ニコニコ動画」新版では、YouTubeの利用中止も検討していることを明らかにした。

 ニコニコ動画は2月20日ごろからサービス拒否(DDoS)攻撃を受け始め、同時期に一部動画でYouTubeからのアクセスをしゃ断されたため、βサービス中止を決めた(関連記事参照)

 YouTubeからのアクセスしゃ断の理由は「ニコニコ動画経由のアクセスが多くなりすぎたからではないか」と同社は見ている。人気動画の多くはYouTubeの動画で、ニコニコ動画経由で約190万回再生されたものもあり、YouTubeの人気動画ランキングでも上位にランクインしていた。

 24日付けの開発者ブログでは「ニコニコ動画のアクセスをしゃ断したいというYouTubeの意志を尊重する」としている。YouTubeの利用を中止する旨に言及していた。ニワンゴ広報は26日「新版でのYouTube利用は、YouTubeの対応を見ながら検討する」とコメントした。

 新版では、ID発行、ブックマーク、タグといった新機能を盛り込むほか、負荷を制限する機能も導入する予定だ。

 DDoS攻撃の攻撃元は国内の複数ISPに分散していたといい、「恐らくボットネットを利用したのでは」(同社)。ピーク時で3000台以上から攻撃を受けていたが徐々に弱まり、24日の段階で10台程度から弱い攻撃が来る程度に軽減したという(関連記事参照)

関連キーワード

DDoS攻撃 | ニコニコ動画 | ニワンゴ | YouTube


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -