ニュース
» 2007年03月02日 07時39分 UPDATE

Lenovoが三洋製バッテリー約20万5000台をリコール

Lenovoが、外部からの衝撃により過熱、発火の恐れがあるとして、三洋電機製バッテリー約20万5000台の自主回収を発表。三洋側は、バッテリー自体に問題はないとしている。

[ITmedia]

 Lenovoは3月1日、三洋電機製のリチウムイオンバッテリー約20万5000台の自主回収を発表した。Lenovoおよび米消費者製品安全委員会(CPSC)によると、リコール対象のバッテリーは、落下など、外部からの強い衝撃を受けた際に過熱し、発火する危険性があるという。Lenovoは対象バッテリーの無償交換を行うとしている。

 対象となるバッテリーは、三洋製の9セルリチウムイオンバッテリーで、部品番号FRU P/N 92P1131のもの。約10万台が米国内で、約10万5000台が米国外で販売されたと見られている。これらのバッテリーが搭載されている可能性があるモデルは、R60、R60e、T60、T60p、Z60m、Z61e、Z61m、Z61pの各シリーズ。リコール対象のバッテリーは、これらのモデルの交換用バッテリーとして販売された可能性もある。

 この自主回収に関して三洋電機は、Lenovoがこれまでに報告を受けた5件の過熱事故はバッテリー自体の不備によるものではなく、特定モデルのノートPCで、バッテリーがある特定の角度から強い衝撃を受けたことが原因だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -