ニュース
» 2007年03月20日 13時29分 UPDATE

あの「ライコス」が動画共有サイトで復活

犬のマークでおなじみのライコスが、動画共有サイト「ライコスクリップ」で復活した。運営するのは「ライコスジャパン」。「Cafesta」の運営企業が社名変更した。

[岡田有花,ITmedia]
画像 ライコスクリップ

 あの「ライコス」が、動画共有サイトで復活する。3月22日から、動画共有一体型ブログサイト「ライコスクリップ」(現在はβ公開中)を正式スタートする。運営元は、3月20日付けでTAONから社名変更したライコスジャパン。韓国Daum CommunicationsとKDDIの合弁で、コミュニティーサイト「Cafesta」を運営している企業だ。

 古参ネットユーザーには懐かしいライコスブランドは、複雑な経緯をたどってきた。発祥となる米Lycosは1994年に設立。1998年には住友商事などが出資する「(旧)ライコスジャパン」が設立され、国内でポータルサイトを展開した。同サイトは2002年に楽天の傘下に入り、2003年、同じく楽天傘下のインフォシークに統合される。その後、国内でのライコスブランドは休眠状態となった。

 一方、米Lycosは2000年にスペインの通信会社Telefonica傘下に入り、2004年に韓国Daumの傘下に入ったため(関連記事参照)、DaumグループのTAONがライコスブランドを使う権利を得た。「世界的に有名なライコスブランドの力を、営業に活用していきたい」と同社の宋旻擇(ソン・ミンテク)社長は語る。

動画とブログを一体化させた「ライコスクリップ」

 同社がライコスブランドで展開する初のサービスがライコスクリップだ。韓国Daumのシステムを活用したサービスで、1月からCafesta会員向けにβ公開を行ってきた。3月22日から正式公開に切り替える。

画像 マウスオーバーすると、一時停止ボタンや映像のサムネイルが表示される

 独自のブログ機能と一体化した動画共有サイトで、動画とブログテキスト、静止画の投稿が画面遷移なく行えるのが特徴だ。動画の容量は無制限。タグで動画を整理する機能も装備した。著作権違反のコンテンツについては、24時間体制で監視し、削除依頼に対応するという。

 携帯電話からの動画投稿機能や、人気動画のランキング機能、ブログ記事の評価機能などを順次追加していく計画。ユーザーのモチベーションを高め、質の高い動画が集まるサイトにしたいという。

 「動画で自己表現する人は今後増えていくはずだ。簡単に投稿できる特徴をアピールし、面白いコンテンツを集めていきたい」(宋社長)

 収益は、バナー広告やテキスト広告、タグを利用したコンテンツマッチ広告などから上げる計画。初年度25万ユーザーの獲得を見込む。

画像 「動画で自己表現してほしい」と宗社長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -