ニュース
» 2007年04月04日 07時37分 UPDATE

Facebook、サービスの「中核」をオープンソース公開

Facebookは、C++やJava、Pythonなど、さまざまなプログラミング言語をまたぐサービスを効率よく開発できるフレームワーク「Thrift」を公開した。

[ITmedia]

 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のFacebookが、同社が開発したソフトウェアフレームワーク「Thrift」を、オープンソースとして公開した。

 Facebookによると、Thriftは「われわれのソフトウェアインフラの中核部分」で、プログラミング言語の壁を越えたサービス開発を可能にするフレームワーク。ソフトウェアスタックとコード生成エンジンを組み合わせたもので、C++やJava、Python、PHP、Rubyなどの異なるプログラミング言語間で効率よく、シームレスに動作するサービスの構築を可能にするという。

 Thriftは、Facebook DeveloperのWebサイトからダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -