ニュース
» 2007年04月06日 16時18分 UPDATE

「決してシャレではない」 ドワンゴ、2chねらー3人を採用・追加募集も

「前例のない果敢な試み」という2ch上での人材募集の結果、ドワンゴは3人を正社員に採用。定員に達しなかったため、条件の一部を大幅に緩和した上で追加募集を始めた。「決してしゃれではないことを示したい」という。

[ITmedia]
photo 2chからの採用理由をあらためて説明する求人ページ

 ドワンゴは4月6日、掲示板サイト「2ちゃんねる」(2ch)上で展開した技術系人材募集の結果、3人を正社員として採用したと発表した。だが定員に達しなかったため、採用条件の一部を緩和するなどして2次募集を開始。「ドワンゴは決してしゃれではない」ことを示したいという。

 同社は2月19日、2ch上で求人広告を開始。東証1部上場企業が2chで人材を募集するのは異例で、自ら「これまでに前例のない果敢な試み」だとコメントしていた(関連記事参照)

 同社によると、募集サイトに対し、実在する人間からと思われる応募が38件あった。書類審査を通った13人に面接の案内を送ったが、メールの返事があったのは8人。面接当日に会場に現れたのは5人──といかにもな展開に。そして面接の結果、3人の採用が決まった。

 「予想より冷やかしは少なく、意欲と能力の高い応募者が集まった」(同社)が、採用予定の10人に達しなかったため、4月30日まで2次募集を行う。

 ただ、応募資格の一部を緩和し、「17〜22歳」としていた年齢条件に「0x17〜0x22歳」を追加し、大幅にハードルを下げた。さらに「日本語で十分コミュニケーションが取れる方」を「日本語でなんとかコミュニケーションが取れる方」に変更する配慮も。学歴を「中卒または高卒の方のみ。大学在籍者の場合は卒業の意志のない方」に限定するのは変わらない。

 同社は「今回の追加募集により、ドワンゴは決して洒落ではなく、あくまでも本気で2ちゃんねるユーザーから正社員の採用を行うことをネット世間にアピールして行きたいと考えている」としている。

 募集サイトには、同社が2ch上で人材を募集する理由をあらためて掲載。「ドワンゴはいわばネット社会そのものから出現したネット企業」「管理人西村博之氏の考え方、行動のすべてに賛同するものではないが、2chの存在すべてを否定することは到底できない」「ネット社会から発した営利企業として、他社に先駆けて2chとの関わりによって生まれるビジネスチャンスを積極的に追求したい」などと説明している。

関連キーワード

ドワンゴ | 2ちゃんねる | 人材


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -