ニュース
» 2007年04月23日 10時28分 UPDATE

MS Wordの父、宇宙旅行から帰還

チャールズ・シモニー氏が14日間のミッションを終え、宇宙ステーションから地球に戻った。

[ITmedia]

 「MS Word」の生みの親が、国際宇宙ステーション(ISS)への旅から地球に帰還した。民間宇宙旅行を手掛ける米Space Adventuresが4月21日に明らかにした。

 同氏は7日にISSに向けて出発、同ステーションに9日に到着した。同ステーションで実験などのミッションに参加した後、同氏はソユーズTMA-9で第14次探索隊メンバーとともにカザフスタンに着陸した。

 「ソユーズから初めて宇宙ステーションを見たことは、忘れられない体験となった。宇宙から見た地球は美しく、壮大で穏やかで、わたしの中には素晴らしく前向きな思いが満ちた」とシモニー氏は発表文で述べている。「われわれのDNAには探検が刻み込まれているのだと思う。宇宙探索は人類にとって非常に重要であり、それにわずかでも参加できたことは大いなる名誉だ」

 同氏は特設サイトで今回のミッションに関するブログやビデオを公開している。帰還後もこのサイトで自身の体験を報告していくという。

ah_simonyi.jpg 帰還後のセレモニー。右がシモニー氏。隣は第14次探索隊の隊長マイケル・ロペス−アレグリア氏。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -