ニュース
» 2007年05月04日 08時05分 UPDATE

Microsoft、モバイル広告企業を買収

ScreenTonicは、モバイル広告専用プラットフォーム「STAMP」などを手掛けており、欧州を中心に事業を展開している。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月3日、モバイル広告の仏ScreenTonicの買収で合意に達したと発表した。買収金額は非公開。

 ScreenTonicはモバイル広告専用プラットフォーム「STAMP」の開発企業。同社が提供するソリューションは、ディスプレイ広告やテキスト広告など、携帯端末向けのあらゆるフォーマットの広告をカバーし、広告の管理やリポーティング機能も備えるという。

 Microsoftでは、この買収は同社の「PCやXboxゲームシステム、携帯電話などのさまざまなデジタル端末を通じて広告主とターゲット層を結ぶ」という戦略に沿うものであり、両社の技術を組み合わせることで、消費者がどこにいても適切な広告配信が可能となる、としている。

 ScreenTonicは、買収後もパリを拠点に事業を継続する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -