ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年06月06日 12時56分 UPDATE

電卓ウイルスの駆除プログラム、作者が自ら公開

Trend Microによると、TIのグラフ電卓「TI89」に感染するウイルスの駆除プログラムを、作者自らがリリースした。

[ITmedia]

 Texas Instruments(TI)のグラフ電卓「TI89」に感染するコンセプト実証型ウイルスが公開された数日後、作者自らがこのウイルスを駆除するプログラムをリリースした。Trend Microが6月5日のブログで伝えた。

 このウイルスはSymantecなどのセキュリティ各社が報告していたもので、TI89のモジュールに寄生する形で感染し、画面に「t89.GAARA」というメッセージを表示する。一部では「TI.Tigraa.a」と命名されている。

 Trend Microによると、今回このウイルスの駆除プログラムが2種類リリースされた。1つはウイルスにパッチを当てて実行できなくするもの、もう1つはウイルスが作成したEPOインジェクションを見つけてパッチを当てる形を取っている。

 Trend Microでは今回の電卓ウイルスについて、十分なコンピュータ機能とパワーを備えた家電なら、マルウェアの実行に利用可能であることを示すものとして、注目に値すると指摘していた。

関連キーワード

電卓 | ウイルス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.