ニュース
» 2007年06月08日 08時02分 UPDATE

MSとLG電子、特許のクロスライセンス契約締結

MicrosoftとLG電子の特許契約は、ソフトとハードの両方をカバーするもので、Linuxベース製品にも適用されるという。

[ITmedia]

 米Microsoftと韓国LG電子は6月6日、特許クロスライセンス契約を締結したと発表した。契約は、Linuxベースの製品を含むソフトウェアおよびハードウェアをカバーする。

 契約によりLG電子は、Microsoftの特許を、Linuxベースの組み込み製品を含むLG電子製品に使用できるようになる。一方のMicrosoftは、LG電子の特許へのアクセスを得るほか、LG電子が開発し、現在はビジネスソリューションプロバイダーの英MicroConnectが所有する特許もライセンスできるようになる。契約金額は非公開。

 Microsoftでは、家電やハイテク業界などの「主要企業との橋渡しをしつつ、自社および他社の知的財産を尊重する」ことに注力しているという。同社では、過去12カ月間に富士ゼロックス、NEC、Nortel Networks、Novell、Samsung、セイコーエプソンと同様の契約を締結している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -