ニュース
» 2007年06月14日 21時18分 UPDATE

アニメ好き・イタリアで海賊版対策 ACCSが現地団体と協力

イタリアでは日本のゲームやアニメが人気だが、流通しているソフトのほとんどが海賊版。ACCSはイタリアの著作権管理団体と協力し、海賊版撲滅に取り組む。

[岡田有花,ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は6月14日、イタリア著作者出版社協会(SIAE)と、イタリア国内での日本のコンテンツの著作権保護について合意したと発表した。イタリアでは日本のアニメやゲームが人気だが「流通しているのはほとんどが海賊版」(ACCSの久保田裕専務理事)といい、両者で協力して海賊版撲滅を目指す。

画像 ACCSの久保田理事長(左)とSIAE侵害対策部門長のアルファーノ氏

 SIAEは、アニメ、ゲーム、映画、書籍、芸術作品など、あらゆる著作物の著作権を管理する、イタリア国内唯一の著作権管理団体。SIAEとACCSは、ゲームやアニメ・映画のDVD、PCソフトの海賊版について情報交換し、著作権侵害行為の防止に取り組む。

 イタリアでは日本のアニメやゲームが人気だが、正規品の流通量が少なく、販売されているほとんどが海賊版という。SIAEは海賊版DVDやゲームの撲滅にも取り組んできており、プレイステーションシリーズと任天堂ハード向けのソフトだけでも、昨年1年で30万本の海賊版が押収された。

画像 イタリアで販売されていたという海賊版

 それでも海賊版は後を絶たない。イタリア国内でDVDなどを販売するには、SIAEの許諾を得てシールを貼付する必要があるが、海賊版にもシールが貼られているのが現状という。

 「SIAEは、日本の業者とイタリアの業者の契約書を審査して正規品を見極め、シール貼付を認める。だがSIAEだけでは契約書が本物かどうかを正確に調べるのが難しい」――SIAE侵害対策部門長のヴィート・アルファーノ氏は事情を説明する。

 SIAEはACCSと協力することで、契約書が本物かどうかを正確に審査できるようになる。協力の基本合意書には5月28日にサインしており、これに基づいて6月初旬に行われた一斉摘発では、日本のアニメDVD 5万枚が海賊版DVD業者から押収されたという。「永井豪さんのマジンガーZのDVDなどが押収された」(アルファーノ氏)

 中国などアジア諸国と異なり、イタリアの海賊版は正規版と同じ値段で売られているという。イタリア語に対応した正規版が流通する前に、各国語字幕入りの海賊版が、中国経由やネット経由で輸入されて流通。正規版が入って来れば海賊版はなくなるという。

 「海賊版を撲滅できれば、正規版が売れるマーケットがあるということ。(海賊版が圧倒的に安価な)中国などよりもビジネスに直結し、外貨獲得につながるのでは」(久保田氏)

 ACCSは今後、フランスなどほかEU諸国でも同様な取り組みを進めたい考えだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -