ニュース
» 2007年06月27日 08時10分 UPDATE

「ダウンロードボタン」付きRealPlayer、Windows向けがβリリース

RealNetworksが、新バージョンのRealPlayerのβ版の提供を開始。DRMフリーのビデオクリップを簡単にダウンロードできるほか、Web上の動画検索もできる。

[ITmedia]

 米RealNetworksは6月26日、新バージョンの「RealPlayer」β版の提供を開始した。Web上のビデオクリップの再生とダウンロード、CDなどへの記録が可能なアプリケーションで、Webサイトから無料でダウンロード可能。

 新RealPlayerでは、デジタル権利管理(DRM)で保護されていない、ダウンロード可能なビデオクリップを自動認識し、横に「Download this Video」ボタンをフロート表示する。ユーザーは、このボタンをクリックするだけで動画のダウンロードが可能。作業はバックグラウンドで行われるため、ダウンロード中にほかのサイトを閲覧したり、ブラウザを閉じたりすることも可能。複数のビデオクリップを同時にダウンロードすることもできる。CDへの記録も可能で、29.99ドルの「RealPlayer Plus」を使えば、DVDへの記録もできる。

 また、米blinkxのビデオ検索エンジンを組み込み、RealPlayerから直接、Web上のビデオクリップの検索が可能となったほか、友人にビデオクリップへのリンクを送信する「Share Video Link」機能も追加した。

 今回リリースされた新RealPlayerは、Internet ExplorerとMozilla Firefoxで利用可能なWindows対応版で、Realフォーマットのほか、Flash、Windows Media、QuickTimeに対応する。年内には、Mac対応版や英語以外の言語に対応したバージョンもリリース予定。

関連キーワード

DRM | RealNetworks


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -