ニュース
» 2007年07月02日 22時50分 UPDATE

ブロガーの“生の声”を抽出する評判検索

「ビリー」と入れればビリーズブートキャンプの感想ブログをずらりと表示――ブログの書き手が実際に体験した生の声だけを抽出できるという評判検索サービスを、リクルートなどが出資するベンチャー企業が開発した。

[岡田有花,ITmedia]

 リクルートと電通などが出資するブログウォッチャーは、ブロガーの生の体験談だけを抽出できるという評判検索サイト「SHOOTI」(シューティー)を7月3日に公開する。東京工業大学の奥村学准教授と共同開発したサービスで、ブログやレビューサイトなどの記事からうわさや他人の受け売りなどを排除し、本人の体験談と評価だけを抽出できるという。

 サイトには、旬のキーワードに関する編集記事も掲載して読者を集め、リクルートグループ各社の広告媒体として活用するほか、評判抽出の仕組みを、グループのサイトや他社サイトに提供する計画だ。

画像 「銀座」「ランチ」の検索結果

 ブログウォッチャーは4月2日に設立。資本金・資本準備金はそれぞれ5000万円で、リクルートが79%、電通が20%、奥村准教授が1%出資している(関連記事参照)

 SHOOTIは、ブログやレビューサイト、掲示板など約1000万の記事をクローリングし、ネットユーザーの“生の体験談”から評判を検索できるというサービスだ。例えば「銀座」「ランチ」で検索すれば、銀座でランチを食べた体験記事とその評価が、「ビリー」で検索すれば、「ビリーズブートキャンプを試した」という記事と感想がヒット。書き手が男か女かを判定する仕組みも搭載した。

 検索エンジンのベースを開発した奥村准教授は「あらかじめ作った辞書をベースに解析する従来の評判検索と違い、タネとなる辞書を少しだけ用意しておけばそれをベースにして自動で学習し、辞書が豊かになっていく」と、その特徴を解説する。

 書き込みが書き手本人の体験談かどうかを判定する仕組みは、ブログウオッチャーが開発した。文章の構文を解析し、主語や係り受けなどから誰の体験について書いているかを判断。他人の話の受け売りや、ニュースの引用などを排除できる仕組みにした。例えば「銀座で友人とランチを食べた」ならヒットするが「銀座で藤原紀香がランチを食べていた」ならヒットしないという。

 行動を正確に検索できる確率は「新聞記事なら90%程度」(奥村准教授)だが、ブログやレビューの場合はそれよりも低くなるという。

リクルートグループの各媒体で生かす

 サイトには、旬のキーワードとからめた編集記事も掲載。リクルートの編集ノウハウを生かし、グループの広告媒体としても活用していく。

画像 サイトでクイズを出題

 例えば「夏といえば思い出す漢字1文字は?」とったクイズを出題し、リクルートの海外旅行サイト「エイビーロード」の夏の旅行の宣伝に生かしたり、「ブログでみんながおいしいと言っている食べ物は?」というクイズで、クーポンサイト「ホットペッパー.jp」に集客したり――といった形だ。

 今夏からは、提供商品に関するネット上の評判を、外部サイトで表示できるASPサービスも提供する。「各サイトで独自にレビュー掲示板を構築するよりも手軽に、体験談を掲載できる」とブログウォッチャーの羽野仁彦社長は導入のメリットを説明する。まずはリクルートグループ企業のサイト内で活用するが、他社への提供も検討していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -