ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年07月03日 08時16分 UPDATE

Yahoo!、ターゲティング+ディスプレイ広告プラットフォーム「SmartAds」発表

SmartAdsでは、ユーザー層や地域に合わせたディスプレイ広告を、ユーザーの興味に合わせてリアルタイムで制作し、配信する。

[ITmedia]

 米Yahoo!は7月2日、新しい広告プラットフォーム「SmartAds」の立ち上げを発表した。ユーザーに合わせてカスタマイズしたディスプレイ広告を、リアルタイムで配信するプラットフォームで、まずYahoo!の旅行関連サイトで採用する。以降、対象サイトを拡大し、将来的にはYahoo!ネットワークの各サイトへと展開する予定。

 SmartAdsは、「ブランドマーケティングと、ダイレクトマーケティングを結び付けたもの」で、ユーザーの行動、属性、住んでいる地域によりターゲットを絞る機能と、各ブランドに合ったディスプレイ広告を制作・配信する機能を組み合わせた。たとえば、「Yahoo! Weather」でサンフランシスコをデフォルトに設定しているユーザーが、「Yahoo! Auto」でハイブリッド車を閲覧した場合、大手メーカーのハイブリッド車のブランド広告と、サンフランシスコの地元ディーラー情報や地域リース料金などを組み合わせた広告をリアルタイムで制作し、画面に表示する。

 Yahoo!のテストによると、SmartAdsによる広告は、従来のディスプレイ広告に比べ、2〜3倍のクリックスルー率を得たという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -