ニュース
» 2007年07月05日 21時09分 UPDATE

ハイビジョンが月を間近に目撃する

8月打ち上げを目指す月周回衛星「かぐや」に、NHKとJAXAが共同開発した「ハイビジョンMoonカメラ」が搭載される。今秋以降、NHKの番組で放送する予定だ。

[ITmedia]
photo 月周回衛星「かぐや」 提供 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

 8月16日の打ち上げを目指す月周回衛星「かぐや」に、NHKと宇宙航空開発機構(JAXA)が共同開発した「ハイビジョンMoonカメラ」が搭載される。撮影した映像は今秋以降、NHKの番組で放送する予定だ。

 月を周回するかぐやの可視光の“目”となるのは、220万画素CCD×3枚によるカメラ2台。それぞれ望遠レンズ、広角レンズを取り付け、月表面をハイビジョン撮影する。米国のアポロ8号が初めて撮影した「地球の出」の撮影にも挑戦する。

 映像はデジタル圧縮し、かぐやから10Mbpsで送信。1分間の映像で受信に約20分かかる。JAXA臼田宇宙空間観測所(長野県佐久市)で受信した信号を、JAXA月ミッション運用解析センター(神奈川県相模原市)で復号する。

 NHKのハイビジョンカメラは、スペースシャトルや国際宇宙ステーションの室内からの生中継で実績があるが、真空環境での使用は初めて。日向と日陰で温度差が300度を超す過酷な環境や、宇宙線、打ち上げ時の振動などに耐えるよう試験を積み重ねてきた。

photo ハイビジョンMoonカメラ内部。月は無慈悲な女王なのか、あるいはチーズなのか、姫の鋭い目が確かめてくれるはず

関連キーワード

ハイビジョン | JAXA | NHK | 衛星 | 宇宙


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -