ニュース
» 2007年07月06日 08時02分 UPDATE

Google、ドイツでの「Gmail」商標で敗訴

ドイツで係争中の「Gmail」商標をめぐる訴訟で、Googleの主張が退けられた。

[ITmedia]

 GoogleのWebメールサービス「Gmail」の商標をめぐりドイツで争われていた訴訟で、Google側が敗れた。原告のダニエル・ギエルシュ氏が7月4日、明らかにした。

 ギエルシュ氏は、自らが運営するハイブリッドメールシステムの商標として「Googleよりも4年早い2000年に、『G-mail』を確保していた」として、Googleを提訴。これに対しGoogleは、提訴は「売名だけを目的とした法律の乱用」だと主張したが、ドイツのハンザ同盟上級地方裁判所は「Googleは、既に登録済みの若いビジネスマン(ギエルシュ氏)の商標を侵害した」として、Googleの主張を退けた。

 Googleとギエルシュ氏は、スペインやポルトガル、スイスでも係争中。スイスでは既にギエルシュ氏の主張が認められており、同氏はさらに、スイスでの「Gmail」商標使用の差し止めを求めている。

 Googleは、2005年に英国で別の訴訟に敗れ、Gmailの商標利用を中止している。

関連キーワード

Gmail | Google


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -