ニュース
» 2007年07月10日 08時03分 UPDATE

Intel、仮想化ソフトのVMwareに出資

株式公開準備を進めているVMwareに、Intelが2億1850万ドルを出資。出資や提携の強化により、Intelアーキテクチャ上でのVMware仮想化製品の採用をさらに進める狙い。

[ITmedia]

 米EMC傘下のVMwareは7月9日、Intelによる同社への出資を発表した。Intelの出資額は2億1850万ドル。予定されているVMwareの株式公開(IPO)後、IntelはVMwareの発行済み株式数の約2.5%を所有することになる。出資は、Intel傘下の投資会社Intel Capitalを通じて行われる。

 VMwareの株式は、1株当たりの議決権により複数のクラスに分かれており、今回Intelが取得するのは、議決権の少ない「クラスA」株式。このため、Intelが所有することになる議決権は1%以下だが、Intelからは出資と併せ、VMwareの取締役を1人任命するという。

 両社では、開発やマーケティングなどでの提携強化も併せて発表。Intelのアーキテクチャ上でのVMware仮想化製品の採用を促進し、顧客に与える仮想化技術の価値を強化したいとしている。

関連キーワード

EMC | Intel | 仮想化 | VMware


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -