ニュース
» 2007年07月18日 08時26分 UPDATE

MS、大学向けに600万ドルの研究助成金を発表

Microsoftが、大学向けの研究助成金プログラムを発表。ヘルスケアやロボットなど、さまざまな分野でのコンピューティング関連研究をサポートする。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月16日、大学の研究活動に600万ドル以上を助成する計画を発表した。

 うち約400万ドルは、同社研究機関のMicrosoft Researchを通じ、学術機関に対してRFP(提案依頼書)方式で提供。資金は、ヘルスケアプラットフォームとしての携帯電話の活用(100万ドル)やゲノム研究のための生物医学コンピューティング(70万ドル)、人間とロボットのインタラクション(50万ドル)など、分野別に割り当てられている。また、100万ドルはコンピューティングや学際的研究を対象とした賞「A. Richard Newton Breakthrough Research Award」のプロジェクトに、100万ドルは研究奨励制度を通じ、優秀な研究者5人に対して授与される予定。

関連キーワード

ゲノム | Microsoft | RFP | ロボット


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -