ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年07月20日 08時58分 UPDATE

AMD決算、6億ドルの赤字

AMDの4〜6月期決算は、売上高は前年同期比13%増だったが、最終損益は赤字。1〜3月期に比べると、粗利益率は好転しているという。

[ITmedia]

 米AMDが7月19日発表した第2四半期(4〜6月期)決算は、売上高は13億7800万ドルで前年同期を13%上回ったが、最終損益は6億ドル(1株当たり1.09ドル)の赤字となった。前年同期は、8900万ドルの純利益を計上していた。

 最終損益には、ATIの買収・統合関連費用など、特殊要因として1億3000万ドルが反映されているという。

 粗利益率は33%で、前年同期の57%を大きく下回ったが、1〜3月期の28%からは好転。マイクロプロセッサの出荷台数の伸びによるものだという。同出荷台数は、前年同期比で22%増、前四半期比では38%の伸びとなっている。

関連キーワード

AMD | ATI | CPU | Intel対AMD | 決算 | 東芝


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.