ニュース
» 2007年07月25日 09時07分 UPDATE

IMスパムが大量発生、友達チェックサービスで勧誘

インスタントメッセージング(IM)を狙った大量のスパムが発生。リンク先のサイトでログイン名とパスワードを入力すると、自分の友達全員にスパムメッセージが送信される。

[ITmedia]

 SANS Internet Storm Centerは7月24日、インスタントメッセージング(IM)を狙ったスパムが大量に出回っていると報告した。

 SANSには、IMアカウントに大量のスパムメッセージが届いているとの報告が、複数寄せられているという。メッセージに記載されているリンクのアドレスはさまざまだが、すべて行き着く先は同じサイトになっている。

 問題のサイトでは、ユーザーがIMに登録している友達をチェックして、自分をブロックしている相手がいれば報告してくれるというサービスを宣伝。ログイン名とパスワードを入力させ、利用条件に同意するよう求めている。

 SANSでこの利用条件を調べたところ、ユーザーが提供する情報の不正利用については責任を持たないとする内容だった。さらに、このサービスは「エンターテインメント」のみを目的としたものであり、コンテンツなどに関して一切責任は持たないとも述べているという。

 実際には、利用条件に同意すれば、自分が登録している友達すべてに対するスパムメッセージ送信に同意することになるとSANSは指摘する。

 このプログラムが単なるアドウェアではなく、マルウェアなどをインストールするものかどうかはまだ不明だという。いずれにしても、決してリンクをクリックしないことだとSANSはアドバイスしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -