ニュース
» 2007年07月25日 17時17分 UPDATE

DTIがフリービット完全子会社に 東電が売却

フリービットはDTIの完全子会社化を目指してTOBを行う。親会社の東京電力はTOBに合意しており、全株(発行済み株式の96.19%)を応募する。

[ITmedia]

 フリービットは7月25日、東京電力子会社のドリーム・トレイン・インターネット(DTI)の完全子会社化を目指し、株式公開買い付け(TOB)を行うと発表した。東電はTOBに合意しており、全株(発行済み株式の96.19%)を応募する。

フリービットの株価チャートフリービットの株価チャート(1年:縦軸の単位は1000円)東京電力の株価チャート東京電力の株価チャート(1年:縦軸の単位は円)

 TOBは7月27日から8月23日まで行い、1株当たりの買い付け価格は11万7000円。東電保有分は約54億円になる。

 フリービットはライブドアの接続サービスを買収するなど、ISP事業の取り込みを進めてきた。自社のネット関連技術を、ISPユーザーへのサービスに生かしていくとしている。

 東電は今年4月ごろからフリービットにDTI支援を打診していたという。フリービットの石田宏樹社長はDTI設立を支援した経緯もあり、両社の関係は深い。

 東電は通信関連事業からの撤退を進めており、今年1月に光通信事業をKDDIに売却。IP電話のフュージョン・コミュニケーションズも楽天に売却すると発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -