ニュース
» 2007年07月30日 17時36分 UPDATE

「ThunderbirdスピンオフはGoogleと無関係」、ベイカーCEOが噂を否定

「Thunderbirdのスピンオフ計画はGoogleの圧力によるものでは」という憶測を、Mozilla CorporationのCEOが否定した。

[ITmedia]

 Mozilla FoundationがThunderbirdのスピンオフを考えているのは、Googleとは何の関連もない――Mozilla Corporationのミッチェル・ベイカーCEOがネットに流れる噂を否定した。

 先週、ベイカー氏がThunderbirdをスピンオフする計画を明らかにして以来、この決定はGoogleの圧力によるものではないかとの憶測が流れていた。「Mozilla Corporationに検索広告収入を提供しているGoogleが、ThunderbirdがGmailと競合することを望んでいないからではないか」と一部のネットユーザーは噂していた。

 だがベイカー氏は自身のブログで、この件はGoogleとは関係ないと明言。「われわれはGoogleにThunderbirdの製品計画や売上高、Gmailの製品計画と売上高について聞いていない」「Googleの意見は聞いていない」と述べ、Gmailの計画は今回の決定とは無関係だとしている。

関連キーワード

Firefox | Gmail | Google | Mozilla | 検索 | Thunderbird


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -