ニュース
» 2007年07月31日 08時40分 UPDATE

「スーパーマリオ」装うワームにご用心――Sophos

マリオだと思ってプレイすると大変なことに――メールでワームを大量にばらまかれてしまう。

[ITmedia]

 英Sophosは7月30日、「スーパーマリオ」のゲームを装って感染を拡大しようとするワーム「W32/Romario-A」に対する注意を呼び掛けた。

 Sophosによると、ゲームをプレイしようとして添付ファイルを実行すると、ゲーム画面が表示されるだけでなく、このワーム自身がメールの添付ファイルやリムーバブルディスク経由で感染を広めようとする。

 ワームは毎日特定の時間に起動し、メール送信のタスクを実行するようプログラムされているという。さらに問題なのは、拡張子がBAT、COM、PIF、SCRのファイルを開いたり実行したりすると、ワームも実行されてしまうことだ。

 Sophosによると、ゲームを装うワームはこれまでにも幾つも登場している。例えばMicrosoftのカードゲームHeartsを装うW32/Bagle-U、「Coconut Shy」というゲームをスタートするW32/Coconut-A、Minesweeperを装ったTroj/Gonori-Aなどがある。

関連キーワード

マルウェア | マリオ | スパム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -