ニュース
» 2007年07月31日 10時23分 UPDATE

「ここだけの話だけど……」、MSN Messenger経由でマルウェア拡散

F-Secureによると、「MSN Messenger」経由でマルウェア感染が広がっている。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のF-Secureは、Microsoftのインスタントメッセージング(IM)ソフト「MSN Messenger」(Windows Live Messenger)経由でマルウェア感染が広がっていると伝えた。

 このマルウェアは、MSN Messengerに登録されているコンタクト宛てにメッセージを送信する。内容は「Psssssst .... just between me and you, please accept」(シーッ、ここだけの話)、「Looking for hot summer pictures ? well here they are !!」(ホットな夏の写真を探しているならここ)などの文面で、リンクのクリックを促している。

 リンク先はchatamis.netでホスティングされたファイルになっているが、chatamis.netは知らないうちに第三者に利用されたようだという。

 F-Secureはこのマルウェアファイルを「Backdoor.Win32.IRCBot.acd」として検出している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -